被写体は世界中!スマホカメラで写真ライフを楽しもう!

smartphonegrapher.com

スマートフォングラファー心得帳|基本編

心得帳

スマートフォングラファーの心得帳|基本編「撮影時に気をつける2つのポイント」

投稿日:2019-04-01 更新日:

ピント合わせはしっかり肝に心得よ。

札幌市中央区中島公園|Focosカメラアプリ
どんなカメラでも出来ること・出来ないことをまず理解しておくと写真が劇的に上達します。スマートフォンのカメラはここ数年で飛躍的に進化しましたがいまだに苦手にしているのはピント合わせは後からは調整しずらいというところです。Focosなどのアプリで最初から撮影しておけば撮影後のピント調整が可能になりますが、RAW撮影出来るLightroomCCのカメラや長時間露光が可能なSlowShutterなどだと撮影後のピント調整はできません。明るさ調整や色調整などは現行のスマートフォンならば撮影後に可能ですが、ピント合わせだけは撮影時にしっかりと決めておくことが最重要です。

ピント合わせってどうやるの?
ほとんどのスマートフォンでは撮影時にピントを合わせたい被写体に指でタップすれば自動的にピントが合うようになっています。一眼レフやミラーレスなどと大きく違うのはシャッターボタンの半押しでピントを合わせる機能はありません。スマホカメラのピント合わせはシャッターボタン半押しではなく、ピントを合わせたい被写体を一度タップしてからシャッターボタンを押すと心がけましょう。

 

明るさはほどほどにと心得よ。

シタッテサッポロ|ライトルーム
基本編でもう一つだけ覚えてもらいたいことは撮影時の明るさです。スマートフォングラファー心得帳的には明るさは基本的にオート(自動モード)にしています。理由は撮影後にいくらでも変えられるからです。もちろん撮影時に考えなくてもいいし簡単だからということもあります。LightroomCCのカメラなどのRAWモードで撮影していれば撮影後にびっくりするほどいい明るさに修正できます。撮影後に直せる部分は撮影時には気にしないということが上達のコツです。

明るさで気をつけるといいポイント
露出オートで撮影していればまず大きく失敗することはないと思いますが、逆光などで稀に明るすぎてしまった写真だけは修正が効かない場合があります。しかしデジタルカメラは暗すぎる写真は意外としっかり直るという特性があるので、スマートフォンカメラで撮影するときは明るすぎないようにだけは気をつけましょう。撮影してから明るくすることはとても簡単なのでまずは露出オートで気軽に撮影することを心得ましょう。

 

スマートフォングラファー基本の心得まとめ

スマートフォングラファー心得帳の基本編のまとめは簡単です。写真を撮るときに今しかできないこと・後からできることを把握しておくということです。

ピント:撮影後、修正するのは難しい
明るさ:撮影後、いくらでも修正できる

初心者さんが上手くならない理由の大半が撮影時に考えすぎていることがあります。撮るときに上手く撮ろうと考えすぎずにピントだけしっかり合わせてまずはシャッターを切るようにしましょう。

一眼レフやミラーレスなどのカメラで多機能でボタンもたくさんあることで迷ってしまうかたもよく見かけます。しかしスマートフォンのカメラはたくさんのボタンはありませんが素敵な写真は撮れますよね。

多くのカメラにたくさんのボタンがついているのは撮影時の利便性を上げるためですが、使いこなさなければいい写真が撮れないわけではありません。もし様々なボタンがいい写真につながるようでしたら今のスマートフォンもボタンだらけになっていることでしょう。

シャッターがついていれば写真は撮れます。そして素敵なアプリがたくさんスマートフォンにはあります。超望遠や超マクロ写真などの用途でなければ気軽に賢くこなせるスマホカメラで撮影も編集をもっともっと使いこなして素敵な写真を表現できるようになっていきましょう。
 
札幌市中央区中島公園|Focos iphonex vsco
 

-心得帳

Copyright© smartphonegrapher.com , 2019 All Rights Reserved.