インスタグラムのタグ付けって重要?|スマートフォングラファー

Instagram

インスタのタグ付けは主にハッシュタグと人物タグ

2019-08-09

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

インスタグラムを始めると必ず出てくる「タグ」という言葉。タグは主に2種類あり1つが「#で区切られるハッシュタグ」と「@で区切られる人物タグ」があります。どちらも重要で、適材適所でしっかりと使うようにしましょう。タグを制するものはインスタを制します!

タグには2種類あるよ

  • ハッシュタグ
  • 人物タグ
  • 適材適所でしっかり使おう!

 

まずはインスタの2種類のタグの違い

  1. ハッシュタグ「#」
    ハッシュタグは「#(シャープ)」で区切られ、#の後ろに単語がつきます。例えば「#東京」とか「#カメラ」などさまざまな単語がつくのが特徴です。また、単語にスペースをつけて2単語などにはできない仕様になっており、英語での入力でもスペースは入らずアンダーバーでスペースを代用しているのが一般的です。

    流行により人気のハッシュタグは変化していますので、この変化の波をとらえるのも面白いかも知れません。また投稿数の少ないハッシュタグでグループを作っているのも見受けられます。インスタグラムはハッシュタグ文化とも言われていて、ハッシュタグ1つでフォロワーが急激に増えたり、いいねがたくさん付いたりもします。

    何はともあれ、インスタグラムを使うならハッシュタグには慣れておいて損はないでしょう。

  2. 人物タグ「@」
    アットマークから始まる人物タグは、インスタグラムでは「メンション」と言われており、こちらも重要なポイントになっております。自分のフォロワーさんやフォローしている人と一緒に写っている写真などに使われたり、あなたを紹介したいフォロワーさんがあなたをリンク先としてメンションを貼ったりもします。

    メンションが貼られると通知が来ますので、誰があなたを紹介したか・リンクをしたかがわかるようになっています。またあなたがフォロー・フォロワーさんを貼ることもできるので、何かをシェアしたり紹介したい時にはとても便利な機能になっております。

ではインスタのタグ付けのやり方を覚えましょう

  1. ハッシュタグ「#」
    投稿(ポスト)するときに使うのがハッシュタグですが、基本的には投稿する内容に関連するハッシュタグをつけるのが良いでしょう。やり方は新規投稿時または投稿後に「キャプションを書く」欄の中に#を打った後に単語を入力すると、単語の候補がたくさん出てきますのでその中から選んでもいいですし、自分で作っても大丈夫です。
  2. 人物タグ「@」
    人物タグの付け方は、こちらも投稿時もしくは後から編集画面で行うやり方が基本です。新規投稿画面に「タグ付けする」という項目があり、その項目が人物タグをつけるところになります。項目をタップ後、画面が現れますので好きなところをタップしてタグ付けしたい人の指定が完了したらOKです。

    どちらでも覚えてしまえば簡単につけられるようになっています。

インスタのタグ付けで人気のハッシュタグってどんなの?

日本においてインスタのハッシュタグで人気なのは、圧倒的に「#猫」や「#ねこ」といったタグです。ちなみに漢字やひらがな・カタカナなどでも違いはあります。笑 「#猫」は約2500万、「#ねこ」は約1900万のタグボリュームを誇るので、安定した人気を誇っていると思われます。

次いでタグボリュームが多いのは、約1400万の「#ファッション」と「#東京」や、「#可愛い」というようなハッシュタグも人気です。「#可愛い」はやはり漢字表記だけでなく、ひらがな表記のものも充実しており、これは「#ランチ」と「#ネイル」などのタグを上回ります。

また「#猫」に対して「#犬」は何故か少なめですが、それでも約1300万台をキープしています。

他にも感謝の気持ちを伝える「#ありがとう」や、被写体として選びやすい「#空」に、「#おうちごはん」も頻繁に行われるハッシュタグです。

人気のハッシュタグは投稿する側に加えて見る側の注目度も高いので、インスタの投稿に用いれば注目を集められるかも知れませんね。

 

インスタのタグ付けってストーリーでもできる?

インスタグラムのストーリーにもタグ付けが可能です。ストーリーは新規投稿時にのみタグ付けできるようになっており後から編集ができません。なので間違えないように気をつける必要がありますが。基本的なタグのつけ方は同じで、ストーリー新規投稿画面に行き、上部にあるスタンプボタンの中に「#ハッシュタグ」や「@メンション」があります。

またもし間違えてしまってもやり直せばいいだけなので気をわずにバシバシ投稿してみましょう!

 

インスタのタグ付けができない時の対処法ってある?

あまりないとは思うのですが、スマホに不具合があったりアプリのアップデートの問題だったり通信環境の問題だったりと、インスタに限らず何かとトラブルもあるスマホの世界。笑

もし上手くいかない時はアプリの再起動やスマホ自体の再起動などもやってみるといいかもしれません。あと以外に多いのがOSのバージョンアップをしていない人も多いので、その点もぜひ確認してみてください。

 

インスタのタグ付けであなたもインフルエンサー?

比較的SNSの中では拡散が苦手と言われているインスタグラムですが、ハッシュタグとあなたの投稿の合わせ技で大きくフォロワーを伸ばせる可能性を秘めているのもこのハッシュタグです。

基本的にはインスタグラム内での検索で名前やID以外でヒットするのはハッシュタグなので、フォロワーを広めるためにはとても有効打になることに違いはありません。

あなたにとって効果の高いハッシュタグを見つけることは今後のインスタグラムライフに大きく影響するかもしれませんね。

 


 

\写真上手くなりたい?プロでも歓迎!/
カメラの基礎 絞り値とは?
札幌写真教室|大人気のやさしいフォトスクール

札幌またはオンラインで写真教室開講中です!

 


 

カメラの基礎1分でわかるISO感度

1分でわかるカメラの基礎

2019/9/27

【カメラの基礎】1分でわかる「ISO感度(アイエスオー・イソ)」とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。  ISO感度とは「光の感度」を示しています。数字が低いISO100などは光の感度は低いが映像は滑らかでグラデーションがよく出ます。  逆に数字が高いISO1600などになると光の感度は高くなりますが、映像が少しザラザラになりグラデーションもイマイチになります。 ISO感度の範囲  ISO感度は概ね100〜3200程度が一般的で、デジタルカメラは機種により102400などととんでもない数字を出すカメラなどもあります。  フィルムの場合は100〜1600程度が一 ...

ReadMore

カメラの基礎1分でわかるシャッタースピード

1分でわかるカメラの基礎

2019/9/23

【カメラの基礎】1分でわかる「シャッタースピード(SS)」とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。  シャッタースピードとは「シャッターが開いている時間」を表した秒数になります。秒数が長いほど遅いシャッタースピード(1秒や4秒など)、秒数が短いほど速いシャッタースピード(1/500秒や1/2000秒)と言います。  カメラによりシャッタースピードのコントロールできる範囲は決まっていますが、概ね30秒〜1/4000秒程度が一般的なカメラです。 シャッタースピードで被写体を止める  シャッタースピードは動く被写体をピタッと写真にとめることもできます。つまり速い ...

ReadMore

カメラの基礎1分でわかる絞り値 f値

1分でわかるカメラの基礎

2019/9/23

【カメラの基礎】1分でわかる「絞り値(f値)」とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。  絞り値とはf2.8やf5.6などと表記される数字で、絞りの事を指しています。絞りとは数字が小さい(f1.4など)とピントの合ったところ以外の前後が大きくボケて、数字が大きい(f22など)とピントの合ったところ以外もしっかりとピントが合ったようにボケずにシャープに写ります。 絞り値は明るさでもある  絞り値は概ねf1〜2.8位を明るいレンズと言い、f5.6〜からはくらいレンズと言います。ただし明るいから良い、暗いから悪いとはイコールではありません。  暗い所 ...

ReadMore

カメラの基礎モードの違い PSAMモードボタン

カメラの基礎

2019/9/23

今回はカメラの「モード」の話です。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。 現代のカメラには完全な「オートモード」から、自分で1つ優先順位を決める「絞り優先モード」や「シャッタースピード優先モード」「ISO感度優先モード」があり、完全に全部の機能を自分で設定しながら撮影する「マニュアルモード」などがあります。 どのモードもうまく使いこなすととても便利に使える機能になっていて、被写体や環境により使いこなすことをおすすめいたします。 もちろん完全オートモードでも問題なく使えますので、悩んだらオート!は個人的におすすめの選択でもあります。 ...

ReadMore

写真の基礎とカメラの基礎

カメラの基礎 写真の基礎

2019/9/23

写真の基礎とカメラの基礎

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。  まずはじめにこのサイトでは『写真のこと』『カメラのこと』の2軸でお話をしています。  『写真』と『カメラ』をごっちゃにしているサイトなどが多いですが、写真とカメラを基礎的な違いからしっかりと考えて覚えるようにしましょう。 写真とは?写真の基礎とは?  写真とは『光と陰の芸術』です。どんな機材で撮るかは関係なく、直感的にいい写真だなとあなたが思えればそれがすべてです。色々な方の賛否はあれど、このサイトでは自分が好きと言える写真を撮るように心がけていけるかたを ...

ReadMore

-Instagram

Copyright© smartphonegrapher.com , 2019 All Rights Reserved.